公認会計士わんころくんの人生戦略

公認会計士わんころくんの人生戦略

共に成長するパートナーへ。独立開業を目指す若手公認会計士が綴る雑記ブログ。

公認会計士の仕事はAIにとられるか?AIに変わるのはどんな仕事?

医者、弁護士に並ぶ3大国家資格と言われる公認会計士ですが(医者や弁護士ほど知名度がないのが寂しいですが。。)、

AIの台頭によってAIに仕事がとられるんじゃないか?って言われるようになってますよね。

他の仕事であっても有名なところでいくと、トラック運転手は自動運転に変わってしまうんじゃないか?なんて言われていますよね。

f:id:wankorokun:20180309171303p:image

 

僕の仕事でもある公認会計士の仕事はAIにとられるのでしょうか?

たまに雑誌では注目を集めるためか、本気で書いてるのか分かりませんが、AIは公認会計士の仕事を代替するようになるなんて言われてるのを見たこともあります。本当でしょうか?

 

僕は、なくならない派です。

 

会計士の仕事のうち、一般的なもの、

1.監査業務(会計監査、内部統制監査)

2.会計、税務に関連するコンサルティング業務

3.税務業務(独立している人が、税理士業務をすることが多いですね)

4.企業内会計士(民間企業での監査役、内部監査室、経理部、経営企画部等での業務)

 

といったところでしょうか。

このうち、AIが代替する可能性があるのは

・監査業務のうちのごく一部(代替と言うより、AIを利用することで効率化する)

・税務業務のうち基礎的な申告業務

・企業内会計士となった場合の経理業務の一部

 

程度でしょうか。

少なくとも近い将来、この程度のAIの影響はあるにしろ、個人的にはそこまで取り立てて言う程の影響は無いように思います。

 

以前にハーバードビジネスレビューにてこんな項目を見かけました。

(1)AIには意思がない
(2)AIは人間のように知覚できない
(3)AIは事例が少ないと対応できない
(4)AIは問いを生み出せない
(5)AIは枠組みのデザインができない
(6)AIにはヒラメキがない
(7)AIは常識的判断ができない

(8)AIには人を動かす力、リーダーシップがない

 

AIは過去の事例をもとに処理する能力に長けていて、明示的な規定がない場合には弱いようです。当然、問いを生み出せず、また、リーダーシップもありません。

作業の効率化はできるけど、会計士に求められる、色んな基準を総合的に判断して過去にない事例が出た場合に最善策を提案するといったことは今の所AIにはできないようですね。

そういう意味では会計士の活躍の幅は狭まってはいないでしょう。

勘違いされがちですが、会計士は経理マンではありませんし、誰でも会計基準を引けば明らかな答えが出せる問いに答える教えることが期待されているのではありません。

 

ちなみにこのAIに関する記事はこのハーバードビジネスレビューで読めます。

ご自身の仕事と照らしてどうか?を考える際にも良い記事があると思います。

本気で気になる方は、少しレベルの高めな論文を読んでみるのがいいかもしれません。

 

 

自分もまだまだ勉強しないといけませんが、

 

 

AIに関しては、マンガでわかるシリーズも出ているのでざっくり理解したい人はどうぞ。

 

僕と同じでAIに仕事がとられることに懐疑的な本もありますね。

この先15年でなくなる雇用はせいぜい9%程度。

これならまだ今のところは思ったより影響がなさそうです。

 

 

 

 

初心者はPV数は気にしない方がいい??

f:id:wankorokun:20180310151114p:image

このブログのようなまだ記事を全然アップできていないビギナーブログはPV数とか気にしてたらダメなのかもしれませんね。

 

僕もこのブログを書いていて

まだまだ報告出来るほどのPV数がないのですが、

毎日どうしても気になってPV数を見てしまいます。当然そんなにすぐに増えるわけもないのに。。。

だって気になるんですもん。分かりますよね?この気持ち。笑

 

でも、そこで

全然見てもらえてないからもうやーめたってなると、結局そこで終わってしまう。

スラムダンクの名言じゃないですが、

諦めたらそこで試合終了ですよ。

ってことですね

 

投資してる人は、株式相場や為替相場、仮想通貨の相場も同じですよね。毎日チェックしていまいます。チェックすること自体は悪いことではないですが、その時間で他のことに集中した方が良いっていう意見もありますね。

 

しばらく我慢しないと成果なんて出ないのを分かっているのに、あえて見ることでモチベーションを下げてしまっている。。

f:id:wankorokun:20180310151138p:image

 

そうならないためには、ある程度記事を書くまでPV数を気にしない方がいいのかもしれません。その方が書くことを続けれるし。

 

ということで、

とりあえずこのブログで100記事書くまではとりあえずPV数は気にしないようにします!笑

低い目標ですが、とりあえずの目標として。

目標を達成したら次のステップに行こうと思います。

 

ではまた。

 

公認会計士試験の内容とは?かみくだいて簡単に説明します。

公認会計士になるには公認会計士試験に合格する必要があります。

受験資格はありません。高校生でも受験可能です。

f:id:wankorokun:20180309195839p:image

公認会計士試験は、2回試験があります(厳密には、実務経験後に3回目あり)

 

まず、1次試験は、マークシート方式の短答式試験です。年に2回受けるチャンスがあります。5月と12月です。

1次試験の短答式試験科目は以下の4科目

財務会計論 200点

管理会計論 100点

・監査論 100点

・企業法 100点

の計500点で試験をします。

学校の定期テストみたいなイメージですね。

 

それぞれのざっくりした特徴は、

 

財務会計

簿記と会計の理論です。簿記がめちゃくちゃ得意になれば高得点を叩き出せるイメージです。

 

管理会計

その名のとおり、管理会計です。会社が損益とか業績の管理や把握をするときに使う会計です。中学生でも分かるように説明するなら、会社が潰れないように会社の成績を分析する会計です。

 

・監査論

公認会計士しかできない独占業務である監査の理論です。監査の手法などを学びます。

 

・企業法

法律です。企業の経営をしていく中で必要となる、会社法金融商品取引法を中心に勉強します。例えば、会社を設立するには発起人という人を立てて〜とかです(わからないですよね)。笑

 

といったところでしょうか。

 

これに合格すると、8月に2次試験の論文式試験を受験できます。

論文式試験は、1次試験の科目に加えて、

 

・租税法

・選択科目

 

が増えます。

論文式試験では、マークシート方式ではなく、学校の定期テストの様に、すべて回答用紙に手書きで回答していきます。

論文式試験というぐらいですから、理論問題の割合が多くなります。計算も出題はされますが。

 

論文式試験で増える科目の概要は、

 

・租税法

税金の勉強ですね。法人税、消費税、所得税です。消費税は仕事をしていない人でもとても身近ですよね。何か買った時に8%払ってるあれです。

法人税は、会社に利益が出たら税金を払わないといけないのでそれの勉強です。

所得税は、給料をもらっている人や、株式投資をしている人、扶養家族がいる人、仮想通貨で利益が出ている人、などを対象にした個人にかかる税金やその免除の方法などを学びます。

 

・選択科目

選択科目は、経営学、経済学、民法統計学から自由に選べます。

圧倒的に選ぶ人が多いのが、経営学です。

 

ほかの科目は、別のところで勉強とか仕事で使う機会があって、知識が深い人ぐらいでないと選ばないイメージをすれば良いでしょう。

大学で統計学や経済学の授業を受けて勉強したから、という安易な理由で選ぶと火傷する科目です。笑

 

経営学はなかなか楽しいですよ。個人的には。

よく出てくる経営用語は一通り学びます。

ファイナンス理論も学べます。

適当に例を出すと、MM理論、スプレッド、イールドカーブ裁定取引ブルーオーシャン戦略、エンジェル投資家、ロング、ショート、なんて金融用語やマーケティング用語まで出てきます。幅広いでしょ?笑

これを本気で勉強すれば日経新聞もよく理解できるようになるでしょう。

それぐらい役に立ちます。まぁ、全部役に立ちますが。笑

f:id:wankorokun:20180309200006p:image

 

まぁ、こんな感じに2次試験の論文式試験にも合格すると、晴れて公認会計士の試験に合格するわけですね。

そのあと2年ほど実務を経験して、実務試験を受けたら正式に公認会計士です。

この試験はわかりやすく言えば、車の免許を取るときの修了検定みたいなもんですね。

試験の名前も「修了考査」っていいます。

 

なんとなく興味を持ってもらえましたか?笑

説明下手なんで無理か。。。

 

 

興味がある人がいたら色々情報提供しますので、またコメントくれると嬉しいです。

 

 

ではまた。

SEO対策にブログのキーワード(meta keywords)は設定しないほうが良い?!

はてなブログを利用されているみなさん、

SEO対策にブログのキーワード(meta keywords)は設定していますか?

これは詳細設定から設定できるんですが、

実は入れても入れなくても影響がないんですって。。笑

むしろ「空白の方がいい」んです!笑

 

f:id:wankorokun:20180308204747p:image

 

しかも僕みたいにたくさんキーワードを入れてしまうと(もう消しましたが)、

メタデータが重複しているためGoogleさんから評価を下げられます。

知らなかった。

 

 

みなさん、空欄にしましょうか。笑

 

ではまた。

 

 

おすすめ!おしゃれな観葉植物〜その1〜

今回は部屋に置くとおしゃれに決まる観葉植物を紹介します。

写真は我が家の観葉植物です。笑

 

まずこれ。

アルテシマゴム。

f:id:wankorokun:20180307211726p:image

これはゴムの木の仲間ですが、すごく鮮やかな葉っぱが特徴です。

しかも水やりもそんなに必要なくて育てやすいです。初心者おすすめです。

 

次に、ウンベラータ。

これを買ってから観葉植物が好きになりました。笑

f:id:wankorokun:20180307211911p:image

葉っぱがハートマークになってるのが特徴的で、人気ランキングでも常に上位の観葉植物です。

これも水やりの頻度も少なくて良くて育てやすいです。

ちなみにこれもゴムの木の仲間です。

 

とりあえず次の楽しみに今回は2つにしときます。笑

 

ではまた。

実生(みしょう)とは?実生のメリット。実は、ダイソーのパキラは実生が多い。

実生(みしょう)とは、一般的に種子から発芽した植物のことをいいます。

 

僕も好きで観葉植物が家にあるのですが、

最近よく雑貨屋さんで売ってる観葉植物にも実生から育てたものと挿し木(ざっくり言うと成長した枝部分などを切って根を生やしたやつ)のものがあります。

 

僕も専門家ではないので詳しくはわからないですが、実生は種から発芽したものなので根の張りがよく、一般的に成長も良いと言われています。

当然といえば当然な気がします。

種から育てた植物が、成長した植物のクローン(?)に成長速度が負けたら悔しいですよね。笑

理由になってませんが。。

 

僕の好きな観葉植物の一つのパキラで言うと、

実生のものは幹の根元がぷっくりしています。

しかも実生でないと実がならないとも言われています。

パキラ含め観葉植物は南米や東南アジアなどの暖かい地域のものが多いので、日本の冬には弱いものも多いため、日本では年中庭で育てるのは難しいのも多いですね。

 

そんなこともあり、個人的には実生の観葉植物が好きです。

でも当然種から育ったばっかりの植物が立派になるまではすごい月日がかかりますが。。。

 

ちなみにうちのパキラを紹介するとこんな感じです。いくつかあるうちの一つです。

f:id:wankorokun:20180307210408j:image

剪定とかしてるので少し葉が少ないですが。。笑

 

ちなみに買った時はこれぐらいの大きさでした。

f:id:wankorokun:20180307210701j:image

幹のしたのほうに双葉がついていますよね?

これがパキラでいうところの実生の証拠のようです。

ちなみにこれ、ダイソーで手に入ります!!

 

実生パキラは結構レアなので人気が高く売ってないことも多いです。

なのでダイソーにあったら買っちゃうんですよね。。笑

 

ちなみに上の画像は去年の夏頃の写真なので、また最近の写真を撮ったらアップしようと思います。

 

ではまた。

質よりまず量をこなすこと!量からしか質は生まれない。〜信じられない結果を出す方法〜

f:id:wankorokun:20180609000612p:image

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。 わんころくん(@wankorokun_0707 )です。

 

 

質よりまずは量をこなすこと。

 

 

これは本当に大事だと思います。

 

もっと言うと、量をこなしていくうちに勝手に質が追いついてくる。

これは会計士試験の受験勉強、野球(部活)をしてて実感しました。

 

 

 

まず会計士試験の受験勉強で言うと、

受験時代はだいたい1日平均で8時間以上は勉強していたと思います。

会計士試験の受験勉強をしている人はよくわかると思いますが、試験科目には財務会計(計算は簿記)があるんですね。

 

 

勉強を始めた頃は簿記がすごく苦手でした。

時間内にも解けないし、時間内に解けたと思ってもケアレスミス含め正解率が低い。。

こんなことばっかりでした。

 

 

 

でもあるとき、毎日必ず総合問題(1時間〜3時間程度の制限時間で解く計算問題)を毎日解くようにしました。

 

 

しかも、それだけでなく、同じ問題を最低10回は解き直していました。

 

 

「そんなに解き直して意味あるの?答えを覚えるだけじゃない?」

 

 

って思われる方もいるかもしれませんが、これが効果てきめんでした。

 

 

当然答えはある程度覚えますが、それと同時に総合問題を解く際の自分なりの最も効率の良い手順が身についてきたんです。

 

 

 

これにはポイントがあって、必ず時間を測って解くこと!そうすることで1分でも早く解きたいっていう気持ちが出てきて自然と効率の良い方法を探し始めます。

 

 

 

これを繰り返すことで、いつしか計算が得意になってました。全国のランキング表にも名前が載るぐらいに。

 

それで、ある時期、力試しに日商簿記1級を受験してみました。

 

 

その結果、自分でもびっくりしましたが首席で合格してしまいました。。笑

 

 

 

 

そんなこんなで、この頃は自分でもおかしくなったと思うぐらいの数をこなしていました。

最初は効率悪いな〜って思ったこともありましたが、あとで結果がついてきました。

 

 

次は部活ですね。

 

僕は野球をしていたんですが、あるチームメイトが冬のオフシーズンに毎日練習終わりに素振りを1,000本していました。しかも1日も休まず。

 

 

その次の春からの彼の成績は言うまでもありません。小柄な体型ながら、長打力も持ち合わせる素晴らしい選手に成長していました。

この頃、継続は力なりってこういうことなんだって思いましたね。

 

 

自分のことで言うと、ある時期怪我をしてしまって走ったりボールを投げたりできなくなってしまった時がありました。

しばらく、打つのも、投げるのも、走るのも出来なかったので、

何を思ったか毎日本気で筋トレするというメニューを自分に課しました。

 

そのメニューはこれ。

1.腕立て伏せ×500回

2.腹筋×1,000回

3.背筋×1,000回

 

普通に練習してたら絶対にこなせなかった量です。笑

でもさっき書いたチームメイトのこともあり、毎日このメニューをこなしました。

その結果、体脂肪率が7%台まで落ちて自分でもびっくりするぐらいムキムキになってました。

もう今はブヨブヨですが。。。

 

 

まぁ、他にも色々ありますが、

こんな感じで量をこなしていくうちにすごく上達するって経験をしました。

 

 

ただここでもポイントがあって、これって毎日やってるんですよね。

 

 

ということはすごく継続することで、それが「習慣化」されている。その頃は何も思いませんでしたが、今思うとこれが習慣の力だと思います。

 

 

習慣は色んな書籍でその大切さが説かれています。

 

 

まずは少しずつでいいので習慣化していきませんか?